【豊田真由子】「このハゲー!」表情コロコロ変えて最後は半切れww

元秘書に対し「このハゲーっ」などの暴言・暴行疑惑で自民党を離党した、豊田真由子衆議院議員が9月18日に会見を行った。
6月22日発売の「週刊新潮」で報じられて以降、約3ヶ月ぶりに姿を見せた。
涙を流しながら謝罪する場面もあれば、笑顔を見せたり、報道陣に半切れする場面もあった。

会場には報道陣や、やじ馬など計200人が集結した。夕方の5時からの予定だったが、少し遅れて豊田氏の登場。反支持者から「税金返せ」「議員をやめろ!!」という厳しい言葉が飛び交う中、会場入りした。

会見で長い沈黙を破った豊田氏は謝罪した。精神不安定の状態だったようで入院していたと話し、この日も病院からの会場入りをしたようだ。途中で「ちょっと耳鳴りが…」と、うずくまる一幕も。会見を中断しようとする係員を止め続けようとした豊田氏。当初は45分の会見予定だったが1時間半と長時間の会見となった。

10月に行われる衆議院選について、「楽な道であれば議員をやめてしまった方がいいと思いますが、孤独の中で、恥をさらしながら生きていくのが大事と考えた」と議員続行を表明。「選挙に受からなければ議員は続けられない」と事実上の出馬を宣言した。

以前、情報番組でのインタビューに対し、元秘書にミスが続出していたことが暴言暴行のきっかけだったと説明していたが、この日は「(元秘書に)弁護士を通じて誠心誠意、対応していますが、刑事事件については言及できない」と詳しい説明は無かった。暴行について部分的に否定し「刑法上の罪に問われるとは考えていません」とした。

終始、反省モードだった会見の最後。「週刊新潮」記者からの質問に眉毛をつり上げ半ギレ「お前の娘が通り魔に強姦されたらどうするんだ」と発言した事実を、豊田議員が当初否定していたことを追及。「『(お嬢さんを脅迫しようという)趣旨で申しあげたのではありません』と返したのです」と反論。質問の応酬は平行線のまま打ち切りとなった。

会見に先駆けた支援者向けの会合は、厳しい意見も飛んだが応援ムードが漂った。これからの豊田氏の姿勢が重要となってくるだろう。

泣いたり笑ったりと、本当に不安定なんでしょうね…。

秘書のミスが連発していたら激怒してしまうのも分からなくもないですが、行き過ぎた行動には変わりないです。

最後の半切れの顔はめっちゃ怖かったですけどwww

守護る?叩く?ユーザーコメントバトル!!

  • 2
  • 9

コレ見たけどやばかったな最後

そう思う(53)

そう思わない(2)

半切れこわすぎ

そう思う(50)

そう思わない(4)

あからさまに切れてた

そう思う(37)

そう思わない(4)

記者の言い方だろwww

そう思う(29)

そう思わない(8)

まあ、頑張れよ

そう思う(42)

そう思わない(10)

出馬するんかーい!!

そう思う(40)

そう思わない(9)

頑張れ!応援してます!!

そう思う(29)

そう思わない(54)

さすがっす

そう思う(13)

そう思わない(0)

ハート強すぎいいいいい

そう思う(22)

そう思わない(5)

あほくさ

そう思う(1)

そう思わない(19)

次の選挙で落ちて欲しい

そう思う(1)

そう思わない(0)