「その格好はもういいです」ついに検察官が野々村被告にキレたwww

「その格好はもういいです」ついに検察官が野々村被告にキレたwww

政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた
元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の
第2回公判が神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれました

1月26日の初公判に続き検察、弁護側双方による被告人質問が行われ
前回は「右耳でないと言葉の意味が理解できない」と
左側にいる検察官の方向に窮屈なまでに体をひねって
右耳を向けるポーズを繰り出した野々村被告でしたが

1

この日は、証言台の前に座り「記憶にありません」「分かりません」と連発していたそう

ただ検察側が、取り調べ時に、調書への署名を拒んだことを問い
質問が微妙な内容に入ると

  • 「今の精神状態では、一部の言葉の意味が分からず、右耳を集中させますので、もう1回質問をお願いします」

と、体をぐるりとひねって
左側にいる検察官に右耳を向けたそうで

これに検察官は

  • 「その格好はもういいです。私が右側に行きます」

とはねつけ、場所を移動したそうです

今、騒がれているネタ

Share