AKB48チーム8山田菜々美、映画「黒看」で初主演!

AKB48チーム8山田菜々美、映画「黒看」で初主演!

AKB48チーム8の山田菜々美(兵庫県代表)が、2018年夏公開予定のホラー映画「黒看(クロカン)」で、映画初出演・初主演することがわかった。

本作は、竹書房から発行されている『怪談実話 傑作選”弔(とむらい)”』(黒木あるじ著)の中の短編エピソードの映像化。メガホンをとるのは、「コープスパーティー」シリーズや「×ゲーム2」(山田悠介原案)、などホラーサスペンス作品で注目されている山田雅史監督。昨年、HKT48のアルバムに含まれた短編映画「東映presentsHKT48×48人の監督たち」も手がけている。

山田は「お話を聞いた時は本当に驚きました! まさか、映画出演させていただけるなんて……でも出演するからには今できる自分の精いっぱいを出したつもりです!バリバリ関西弁なので方言には少し苦戦しましたが、訛らないように気をつけました! 演技は初めてに近いのですが、いろいろと勉強になりましたし、今後も演技をしてみたいと思えました!公開を私も楽しみにしています!!」とアピールした。

「黒看」

ストーリー

のどかな田園地帯にある病院に看護師として勤務する麻間利江(山田菜々美)。その利江の勤める病院にある日診察に訪れた乗田雪子(佐伯香織)は原因不明の病状に悩まされていた。新婚の雪子は近頃、夫に触れられるとその部分を含め身体中に蕁麻疹が発症するのだ。同時に雪子が通院するようになったその頃から院内でも不可思議な事が起こる。雪子の症状と現象から只ならぬ妖気を悟った看護師長の務目(広瀬真寿美)は病院内に渦巻く怨念や嫉妬、恨みなどを除霊の如く看護する黒い看護師、通称”黒看(クロカン)”の松友岬(百川晴香)を呼び寄せ、雪子を取り巻く邪悪な病状を取り除く事を図る。利江はそんな黒看の存在を否定するのだが雪子の症状が悪化する事でその邪悪なモノを目の当たりにする。次第に黒看の存在を受け入れていく利江は雪子の症状と対峙する岬を見て恐ろしい真相を知る事になる。

キャスト

山田菜々美(兵庫県)/百川晴香/佐伯香織/若松優/河合美咲/馬場・場番/広瀬真寿美/伊達さん

主題歌

『マスカレイド』
歌:新田恵海 作詞:月蝕會議 作曲・編曲:月蝕會議

今、騒がれているネタ

コメントをしよう!

Be the First to Comment!

avatar
  Subscribe  
Notify of